選手カルテbQ.  選手は、なぜ辞めるのか?

Jボーイズは辞める選手が少ない
 今回は、選手がチームを辞めていくことについて考えたいと思います。Jボーイズは、創設3年目です。
 去年入部した1年生は18人ですが、辞めた選手はいません。辞める選手がいない初めての学年となります。

 この2年間で、うちのチームを去っていった選手は5名です。すべて初年度です。うち2名については、他のチームに所属して2年生になって辞めてきた選手で、他チームで「心の痛手」を背負い、故障もあり、野球に対しての気持ちはすでに燃え尽きていた感がありました。
 そういう意味で言えば、Jボーイズは、他のチームに比べて辞める選手は少ない方といえます。これは自慢できることです。
 指導者のフォローもありますし、保護者とのコンタクトも取りながら進めてきているからだと自負しています。
  
怪我・故障で選手は、モチベーションを失うことも多い 
 他の3人は肩、肘痛とか、長期の休部または、練習ができないためにモチベーションが下がり、他の道を探した選手です。ただ、この3人ともその後、学校のクラブや勉強に頑張っています。ボーイズ等の野球を辞めた多くの子どもたちが茶髪や遊び・非行等に走る中、しっかりと目標をもって親御さんともきっちりと話し合った結果、その後の中学生活も頑張っていけたのでしょう。
 しかし、中学の野球では成長の過程であり、怪我で休み、「遊び」を覚えてボーイズを辞めていくことも多くあります。

 ですから、Jボーイズでは、怪我のフォローを重要視して保護者の方と連携をとりながら選手たちのモチベーションを下げないようにしています。
 現場で、監督がストレッチを強く指導しているのもJボーイズの特色ですが、それは怪我でリタイヤする子どもが多くいることからです。そのことを監督はよく理解しています。怪我で選手を辞めさせないという強い意志があります。

 一方、私は、野球は教えることはできませんが、選手を病院や整骨院に連れて行くことなど後方支援をしています。これもJボーイズの特徴です。


「お家騒動」と保護者の影  
 あと、よくある話が私が「お家騒動」と呼んでいることです。
 保護者が代表や監督のやり方が気にいらないと言って、大量に選手が辞めていくことがあります。それぞれの言い分があり、どちらが正しいとは言えませんが、保護者の不満がたまるとそういうことがどのチームでもよくおこります。結成以来、Jボーイズでは起こっていません。

 選手が多いと結果、保護者も多くなります。色々な考え方が出てきます。そこで、考え方の違いを言いあうと収拾がつかなくなってしまうのでしょう。また、現場がエコヒイキをしていると、とられてもめるケースもあると聞きます。
 このように理由は様々ですが、小さな不満の時に気をつけていなければ、ちりも積もればということで爆発すれば終わってしまいます。保護者が辞めるか、フロントもしくは監督が交替するか、色々な形があります。
 
 入ってくるときは、保護者も選手も夢と希望を持ってきます。しかし、現実には色々なことが見えてきたり、理想とは違うことも多いのです。
 Jボーイズでは、他チームでの「お家騒動」の経験を踏まえ、保護者会についてはゆるやかな組織として結成してきました。しかし、選手が多くなると家族的経営から組織的経営へと移っていく過程で保護者会を曖昧な組織と確信犯的に設けている私の考えでは曖昧すぎるということも見えてきました。

 しかし、Jボーイズではフロント、現場、保護者のみんなが「よいチームにしたい。入って良かったと思えるチームにしたい」と思っており、考え方の違いはあってもその点は一致し